資格情報(企業・工業)>自動ドアのスペシャリスト「自動ドア施工技能士」

自動ドアのスペシャリストである「自動ドア施工技能士」という資格。

自動ドアは機械と電子機器などで構成する高度なシステム製品であり、仕様書や施工指示図書などを理解でし、
専門の知識をもつ自動ドア施工技能士が、所定の工事や施工品質の確認をし、適正な保守を行うことが義務付けられています。

自動ドア施工技能士が適正な保守を実施することによって、
自動ドアシステムの安全性が高まり、機能も発揮し、お客様が安心できる商品となります。

自動ドアを施工するにあたって、この自動ドア施工技能士がなくてはならない存在になります。

自動ドア施工技能士の資格を得るためには、自動ドア施工技能士国家試験に合格する必要があります。

試験は1級.2級にわかれており、それぞれに応じた業務内容が定められています。
受験資格は1級.2級それぞれ実務経験が2年以上必要になります。(その他の制限もあり)
試験は毎年11月下旬から〜2月中旬に実施されています。

自動ドアの開発が進歩する中、安全性に対する不安の声も高まっていきています。
自動ドア施工技能士の知識や能力にますます期待が高まりますね。

inserted by FC2 system